高齢者の住み替え支援

ホーム > 高齢者の住み替え支援

老後の住まい、失敗しない住替えをするには?

老後の住まい、失敗しない住替えをするには?

老後のこれから、一緒に考えていきましょう!

建物の老朽化や子供の独立、そして年齢を重ねることにより、現状のお住まいが負担になっている方は少なくないでしょう。
また高齢になると引越しや様々な手続きが大変になってきますが、心配しないでください。
よつば綜合事務所では、お客様の状況に合わせて、引越しの手配から不用品等の仕分け、処分、電気や水道などのライフラインの手続きまで、安心してお任せいただけます。
住み替えの物件探しからご自宅の活用や売却など、ワンストップで行います。
※引越業者などの実費はお見積りによります。

快適な暮らしを求めて住み替えをしたいが、何から始めればいいのか、これからの住まいをどう選んだらいいのか、ポイントを紹介していきます。

Q住替えするのはいつがいい?

住替えするのはいつがいい?
Answer

住み替えの時期は、個人差もあり難しいかもしれませんが、目安として70歳くらいからが良いと考えられています。

もし足腰などの具合が悪くて不便を感じているならば、もっと早くてもいいかもしれません。足腰や気力に不安があると、住み替えがとても負担になってくるからです。

逆に早すぎても、ライフスタイルが変わる可能性もあります。その場合は、家族親族などの環境もみてから判断し、相談しながら決めて決めていきたいと考えています。

ポイント
住み替えの時期は70歳くらいからがよいでしょう

Qどこに住み替えるのがいいか?

どこに住み替えるのがいいか?
Answer

利便性が良く、環境も良い場所が理想ですが、これからの生活を考えると、介護や緊急な場合の対応なども考えたいです。

有料老人ホーム、ケアハウス、高齢者賃貸マンション、介護付き有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホームなど、様々な施設があります。
予算や、希望などに合わせて決めていきます。

また、現在介護が必要ではなく、資産に余裕のある方は普通の賃貸マンションや分譲マンション、戸建てを購入しても良いと思います。

ポイント
介護や緊急な場合の対応などを考慮して予算や希望にあわせて決めましょう

Q今住んでいる自宅をどうしたらいいか?

今住んでいる自宅をどうしたらいいか?
Answer

今住んでいるご自宅を、賃貸に出すか、売却するかは、住み替え先や老後資金によっても変わってきます。

賃貸マンションへの入居をお考えならば、まずは住み替え先を決めてから売却します。

売却した資金で施設やマンションなどを購入する場合は、同時進行で進めていきます。

売却には仲介の場合と買取りの場合があります。
仲介はタイミングが難しく、時間がかかるかもしれませんが、売却価格は買取りの場合と比べて高くなります。
買取りのメリットは、住み替えが早くスムーズに行えることです。

ポイント
自宅を売却して施設やマンションに入居などいろいろな選択肢から決めていきましょう
よつば綜合事務所からのメッセージ

老後を楽しむために

住み替えをして環境が整うと生き生きとした人生が始まるはずです。
現在のお住まいで買い物や病院などの利便性や家のお手入れ、お掃除などに不便を感じている方、親身になってお手伝いいたします。

矢
よつば綜合事務所 お問合わせ
まずはお気軽にお問合わせください

お電話でのお問合わせ

054-260-4593
受付時間:平日9:00〜17:00
定休日:土日祝
(完全予約制で対応いたします)

メールでのお問合わせ

24時間365日受け付けております

よつば通信

トップに戻る